FC2ブログ
旅館すぎもと~朝食編~
2009 / 12 / 31 ( Thu )
朝食時間は7時半または8時を選ぶことができます。
少し早めな時間設定ですが、アウトが10時なので仕方ないかな?
夕食時同様、時間の少し前に案内のTELがあります。
お席も夕食時と同じ場所でした。シンプルなメニューが並びます。
すぎもと 朝食 (1)
目覚めの一杯はリンゴジュース。
すぎもと 朝食 (2)
干物は鮎、だったかな(不安)?
自分で炙っていただきます。
すぎもと 朝食 (3)
朴葉味噌。こちらは二人でシェア。
すぎもと 朝食 (4)
お豆腐。
すぎもと 朝食 (5)
小鉢色々。もちろんこれにご飯とお味噌汁が付きます。
ちょっと拍子抜けした感もありましたが、夕食の量が多いので
疲れた胃にはこの位がちょうど良いのかもしれません。
すぎもと 朝食 すぎもと 朝食 (7) すぎもと 朝食 (6)
気になってはいたものの、何となく宿泊のきっかけが掴めずにいた
「すぎもと」さん。実際にお世話になってみて、すっかり「すぎもと
ワールド」に魅せられてしまいました(笑)。宿の個性が強いので、
好みは分かれるかと思いますが、「ここには何があるんだろう?」と
ワクワク探検を楽しめる雰囲気は、大好きな宮島の「石亭」さんや
「岩の湯」さんに通じるものを感じ、私はとても楽しめました♪
宿のスタッフの方とはあまり接する機会がなかったので、接客面では
何とも言えませんが、また探検の続きをしに行きたいなぁと思います。
スポンサーサイト



00 : 00 | 旅館すぎもと(長野県・美ヶ原温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
旅館すぎもと~夕食編~
2009 / 12 / 30 ( Wed )
夕食は18時または18時半から選択が可能。
時間の10分ほど前に「準備完了!」の案内TELがきました。
お食事処は掘り炬燵席の「おりがみ」と、テーブル席の「孤月庵」とが
あるのですが、私たちはテーブル席に案内されました。
すぎもと 夕食 (1)
立派なオーディオセットと真っ赤な薔薇の絵が印象的☆
すぎもと 夕食 (2)
最初に並べられた状態です。
お品書きが無かったため、記憶がかなり曖昧です(汗)。
すぎもと 夕食 (3)
先付けはこの二品。
すぎもと 夕食 (4) すぎもと 夕食 (5)
ボリュームたっぷりな前菜。二人で取り分けていただきます。
これだけでも、大分お腹が一杯になりました☆
すぎもと 夕食 (6)
鱧と鮎、夏松茸のしゃぶしゃぶ。
こちらも二人でシェアしていただきました。
すぎもと 夕食 (7) すぎもと 夕食 (8)
続いて出てきたのは山菜の盛り合わせ。
山の幸たっぷりです☆
すぎもと 夕食 (9)
新鮮な馬刺し。こちらも二人前です。
雲丹を巻いて食べるのがオススメということで試してみました。
・・・美味しい~!!思わずお酒が進んでしまいます☆
すぎもと 夕食 (10)
ザル豆腐。
甘みが感じられる美味しいお豆腐でした♪
すぎもと 夕食 (11)
焼筍。
すぎもと 夕食 (12)
まだまだ続きます(^×^;)
冬瓜の煮物。きのこやオクラなどの夏野菜がたっぷり!
こちらも二人で取り分けていただきます。
すぎもと 夕食 (13)
アスパラと海老のグラタン。
優しいお味でした。
すぎもと 夕食 (14)
松茸のフライと春巻き。これも二人分だったかな?
カリッと上手に揚がっていて美味しいのですが、お腹は限界に・・・。
すぎもと 夕食 (15)
信州牛の石焼。
肉厚で量もたっぷり!これで一人前です☆
すぎもと 夕食 (16)
ご主人の手打ち蕎麦。テーブルに着いた時にお願いしました。
これも二人でシェア。しっかりしたコシのある、美味しいお蕎麦でした。
数に限りがあるようなので(10枚程度だったかな?)、希望の方は
早めに予約をした方が良いかもしれません。
すぎもと 夕食 (17)
ご飯はもう入らないので、おにぎりにしていただきました。
お願いすると、お部屋に運んでおいてくださいます。
すぎもと 夕食 (19) すぎもと 夕食 (20)
やっとデザートの登場です!
苔桃のゼリーだったかな?すっきりとお食事を締めてくれました♪
すぎもと 夕食 (18)
重くなったお腹を抱えてお部屋へ戻ると、冷水とフルーツ、お菓子が
そっと用意されていました。心遣いが嬉しい~♪
すぎもと 夕食
次回は、朝食編へ・・・。
00 : 00 | 旅館すぎもと(長野県・美ヶ原温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
旅館すぎもと~お風呂編~
2009 / 12 / 29 ( Tue )
お部屋で一休みした後は温泉へGO♪
「すぎもと」さんには、大浴場と貸切風呂の二つのお風呂があり
いずれも24時間入浴可能。まずは大浴場をご紹介します!
すぎもと 風呂 (1)
こちらは脱衣所。二つある扉のうち、奥が女湯です。
残念ながら男女の入替えはありません。
バスタオルやタオルは部屋から持参が必要です。
すぎもと 風呂 (2)
冷たい飲み物の用意があるのが嬉しい♪
冷水だったか、麦茶だったかは忘れました(汗)・・・。
すぎもと 風呂 (3)
洗面台には幾つかのアメニティーが☆
すぎもと 風呂 (4)
歯ブラシやヘアブラシ、シャワーキャップの他、コットンセットや綿棒など
中々の充実ぶりです。化粧水や乳液、クレンジングもありました♪
すぎもと 風呂 (5)
それではお風呂へ♪
内湯と、その周りを囲むように露天風呂があります。
内湯には打たせ湯もあるのですが、湯温が私にはかなり熱くて
結局露天風呂にばかり入っていました(^×^;)
すぎもと 風呂 (6)
カランも沢山あります。
すぎもと 風呂 (7)
続いては貸切風呂のご紹介です。
こちらは内鍵式で空いていれば何時でも利用が可能♪
脱衣所は割りとしっかりした造りで、アメニティーも揃っていました。
ただ空調が無いため、夏のこの時期は暑かった・・・。
すぎもと 風呂 (8) すぎもと 風呂 (9)
お風呂の様子です。
坪庭を眺めるタイプのお風呂で、大きさは2名位が入れるサイズ。
個人的には一度入れば充分かな?という印象でした。
すぎもと 風呂 (11)
カランは一つ。
すぎもと 風呂 (12)
お風呂を楽しんだ後は、中庭でのんびり夕涼み♪
湯上りの一杯も欠かせません(笑)。
すぎもと 風呂 (13)
暫くすると、ご主人の蕎麦打ちが始まるというので見学に。
説明を聞いたり、そば粉の香りを嗅がせていただいたりと
貴重な体験が出来ました☆
すぎもと 風呂 (14)
次回は、夕食編へ・・・。
00 : 00 | 旅館すぎもと(長野県・美ヶ原温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
旅館すぎもと~お部屋編~
2009 / 12 / 28 ( Mon )
フロントで記帳を終えた後、館内説明を受けながらお部屋へ。
お部屋へは地下通路を通って向かいます。何だかドキドキ・・・☆
すぎもと 部屋 (1)
この日お世話になるのは「アルプス」の間。
可愛らしいベッドの様子にひとめぼれして選びました♪
すぎもと 部屋 (2)
窓際にはコンパクトなテーブルセットとオーディオ類が。
すぎもと 部屋 (3)
本やCDなども用意されていました。
箱の中身はソーイングセット☆
すぎもと 部屋 (4)
TVは大きめながらちょっとレトロ(?)なタイプ(^×^;)
すぎもと 部屋 (5)
お部屋の説明を終えた後、お茶を煎れてくださいました。
すぎもと 部屋 (6)
お茶請けはこちらの籠の中に・・・。
面白い演出です☆
すぎもと 部屋 (7) すぎもと 部屋 (8)
小さな水屋スペースにはポットとお茶のセットが。
すぎもと 部屋 (9)
鍵は一つ。これはちょっと不便かな?
部屋に金庫は無いので、貴重品はフロントへ預けます。
すぎもと 部屋 (10)
続いてベッド方向を。小さなベッドが可愛い♪
「花小宿」さんとちょっぴり雰囲気が似ていると思いました。
すぎもと 部屋 (11)
窓硝子もレトロで素敵!
すぎもと 部屋 (12)
外の景色はそれ程良くありません(笑)。
すぎもと 部屋 (13)
ベッド周りの写真をもう一枚。
すぎもと 部屋 (14)
ドレッサーの上には、バスタオル(一人一枚)とアメニティーが。
すぎもと 部屋 (15) すぎもと 部屋 (16)
巾着袋の中身はタオルと足袋ソックス、歯ブラシでした。
すぎもと 部屋 (17)
お隣の洋箪笥の中には浴衣とパジャマが☆
一人一組ずつ用意されていました。
すぎもと 部屋 (18) すぎもと 部屋 (19)
お部屋の奥にはなんとお風呂も!
しかも猫足のバスタブです。使わなかったけど嬉しい♪
すぎもと 部屋 (20)
最後にご紹介するは、洗面スペース。
こちらはお部屋の入り口近くにあります。
化粧水や乳液、クレンジングの用意があり嬉かったです。
すぎもと 部屋 (22) すぎもと 部屋
次回は、お風呂編へ・・・。
00 : 00 | 旅館すぎもと(長野県・美ヶ原温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
旅館すぎもと~館内編~
2009 / 12 / 27 ( Sun )
本日からご紹介するのは、美ヶ原温泉の「旅館すぎもと」さん。
こちらには今年の夏にお邪魔したので、ちょっと情報が古いかも
しれません(汗)。チェックイン時間の15時にお宿へ到着~☆
フロントで記帳を済ませた後は、係りの方に館内の説明を受けながら
お部屋へ。本日はまず館内の様子をご紹介します。
すぎもと 館内 (1)
こちらはフロント正面にある談話室。本が沢山置いてありました。
朝は有料ですが、コーヒーがいただけるようです☆
すぎもと 館内 (2) すぎもと 館内 (3)
中庭へ出る手前のコーナーはちょっとした売店になっていました。
すぎもと 館内 (5)
中庭の様子。
ここで過ごすことが一番多かったお気に入りの場所♪
すぎもと 館内 (6)
一部は足湯として利用できるようになっています。
すぎもと 館内 (9)
冷たい飲み物の用意もあって、湯上りや夕涼みには最高でした☆
すぎもと 館内 (7) すぎもと 館内 (8)
椅子に座って眺めるのは、こんなお庭。
すぎもと 館内15
七夕は過ぎていましたが、通路の一角には笹がありました。
短冊も用意されていて、願い事が書けるようになっています。
こういうのって、ちょっと嬉しい♪
すぎもと 館内 (11) すぎもと 館内 (12)
この奥の建物には、サロン「莉羅」が。
こちらも談話室として利用できるようです。
球管のオーディオなど珍しいものもあり、見ていて飽きません。
すぎもと 館内 (13) すぎもと 館内 (14)
最後にご紹介するのは「バーひびき」。
沢山のボトルの数に驚きました。この日はお腹が一杯になりすぎて
バーへお邪魔できなかったのが残念・・・。
すぎもと 館内 (15) すぎもと 館内
「すぎもと」さんには、この他にも楽しい仕掛けが沢山あるよう
なので、ぜひまた探検してみたいなぁと思います♪

次回は、お部屋編へ・・・。
00 : 00 | 旅館すぎもと(長野県・美ヶ原温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~朝食編~
2009 / 12 / 25 ( Fri )
本日は朝食のご案内です。朝食は7時半~9時の間で選択可能☆
夕食時と同様、一度電話があってから係りの方がいらっしゃいました。
湖山荘 朝食 (1)
目覚めの一杯は絞りたてのりんごジュースと牛乳。
牛乳はお代わりも出来るたっぷりの量。フレッシュで美味しい♪
湖山荘 朝食 (2)
山のお宿に来たんだなぁと実感できるメニュー。
岩魚の甘露煮は見た目ほど味は濃くなく、美味しくいただきました。
湖山荘 朝食 (3)
アツアツの湯豆腐。豆乳仕立てなのが嬉しい♪
お汁まで美味しくいただきました。
湖山荘 朝食 (4) 湖山荘 朝食 (5)
宿の源泉で作られた温泉卵。
黄味はちょっと固めの仕上がりでした。
湖山荘 朝食 (7) 湖山荘 朝食 (8)
大粒の納豆は、専用のタレかお塩、七味唐辛子(一味だったかな?
記憶が曖昧デス・汗)でいただきます。オススメはお塩だそう!
大豆の甘みが感じられて美味しかったです♪
湖山荘 朝食 (9) 湖山荘 朝食 (10)
ご飯は普通の白米か五分つきご飯かを選択可能。
珍しいので、五分つきご飯をお願いしました。
湖山荘 朝食 (11)
ご飯の友のお漬物。二人で取り分けていただきます。
写真を撮る前に、相方に梅干を食べられました(笑)。
湖山荘 朝食 (12)
食後、電話でお願いするとコーヒーのサービスが☆
お代わりもできるたっぷりな量が、ポットで運ばれてきます。
その後は、チェックアウトの11時までのんびりと過ごしました♪
湖山荘 朝食 (13)
離れの場合、チェックアウトの手続きもお部屋で行うようです。
フロントに連絡すると、お箸と清算書を持って来てくださいました。
キレイに包装されていると、不器用な出来のお箸もそれなりに素敵に
見えて不思議です(笑)。良い想い出になりました♪
湖山荘 朝食
その後、宿の方のお見送りを受けて向かったのは「小岩井牧場」。
「湖山荘」さんからはとても近いので、立ち寄ってみることに♪
岩手観光 (1)
冬期なので入場料は無料!
ジェラートやソフトクリームを売っている売店で乳製品を堪能しました。
一番のお気に入りは「のむヨーグルト」。濃厚で美味しかった!!
今度は緑のキレイな季節に来たいなぁ~・・・。
岩手観光 (5)
その後はまっすぐ盛岡駅へ。
新幹線に乗る前に、駅前の「ぴょんぴょん舎」さんで盛岡冷麺を
いただきました。あっさりめですが、きちんと旨味が感じられる
スープにコシのある麺がよく合っていて美味しい♪
盛岡名物も堪能し、大満足で帰途につきました。
岩手観光 (7)
色々な方のブログやHPで、温泉や温かなおもてなしが絶賛されて
いる「湖山荘」さん。自分も行ってみたいと思いつつ、岩手の宿と
いうこともあり、中々その機会が訪れませんでした。
実際にお世話になってみて心に残ったのは、温泉はもとより宿の
皆さんの温かさ。スマートな接客というのではないのですが、何だか
大切にされているなぁ・・・。としみじみ感じられ、こころが温かく
なりました。実際に行ってみると、岩手はそれ程遠くないことが
分かったので、また機会を見てお邪魔したいと思います♪
00 : 00 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~夕食編~
2009 / 12 / 23 ( Wed )
本日は夕食のご紹介です。チェックイン時に決めた時間の5分前位に
電話があり、確認をしてから係りの方がお部屋へ入室します。
まず最初にすることは、今日使用するお箸のチョイス☆
竹を使ったお箸は、一つ一つ異なる風合いで迷ってしまいました。
湖山荘 夕食 (1)
そうこうしているうちにお料理が並びます。
最初の状態がこちら。
湖山荘 夕食 (2)
「蕎麦豆腐」と「地鶏味噌」。
地鶏味噌はお酒が進むお味でした。
湖山荘 夕食 (4) 湖山荘 夕食 (5)
お酒は利き酒セットをお願いしました。
セットは全部で3種類あり、1セットに3種類のお酒が入っています。
私たちは二人で2セット、計6種類の地酒を飲み比べました~♪
量もたっぷり、価格も良心的で千円しなかったと思います。
湖山荘 夕食 (3)
「山川の幸」。
むかごやきのこ等の山の幸と、川魚の一夜干しなどが並びます。
湖山荘 夕食 (6)
お造りは岩魚と虹鱒。新鮮で美味しい♪
湖山荘 夕食 (7)
ここからは、出来立てを運んで来てくださいます。
こちらは「雫石牛と短角牛の炭火焼」。和風ダレでいただきます。
湖山荘 夕食 (8)
手前が短角牛だったかな?
初めていただきましたが、旨味がしっかりしていて美味しい♪
湖山荘 夕食 (9)
汁物は「親子蒸し」。
鶏のつみれと玉子が入っています。
湖山荘 夕食 (10)
「家族巻と根菜の煮物」。
野菜も大ぶりで、ほっとするお味でした。
湖山荘 夕食 (11)
ちなみに、何故「家族巻」なのかというと・・・、
お豆腐の中に大豆が入っているからでした!!
湖山荘 夕食 (12)
続いては「地物野菜の揚げ物」。
舞茸、牛蒡、春菊、さつま芋が並びます。サクサクで美味しい!
湖山荘 夕食 (13)
「岩魚の塩焼き」。取り皿もきちんと温められていて嬉しい♪
焼き方も上手で、頭から骨や歯を気にせずいただけました。
湖山荘 夕食 (14)
ご飯は白飯か五目御飯の選択か可能。
炊き込みご飯好きの私はもちろん五目御飯をチョイスしました☆
湖山荘 夕食 (15)
デザートは「山葡萄のムース」。自然な甘さが美味しい。
配膳のペースがやや早く、途中慌しくなることもありましたが、
係りの方がユーモアを交えたお料理の説明をしてくれたこともあり、
概ね満足な夕食となりました~♪
湖山荘 夕食 (16)
食後は、冷水と希望制で湯たんぽを用意してくださいます。
この湯たんぽ、中に温泉を入れているそうで、ず~っと温かでした♪
湖山荘 夕食 (17) 湖山荘 夕食 (18)
その後、ちょっと休憩してからお箸の絵付けに行くことに。
会場の本館の囲炉裏で、皆さん楽しそうに作業に没頭していました。
完成したお箸は、ニスを塗って翌朝の朝食に出してくださいます☆
湖山荘 夕食 (19)
フロント横のスペースにはお夜食の用意も☆
ひと口サイズなのが、食べやすくて嬉しい。
ちょっと出遅れたのか、お皿にはおにぎりが一個でした(笑)。
湖山荘 夕食
次回は、朝食編へ・・・。
00 : 00 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~本館露天風呂編~
2009 / 12 / 21 ( Mon )
本日は、本館の露天風呂の様子をご紹介します!
こちらのお風呂も24時間入浴可能。朝に男女の入替えがあります。
湖山荘 露天1 (1)
お風呂の入り口前には、本館の玄関で目にした足湯「ゆらんこ」が。
ここまで繋がっているなんて凄い!
温かい時期ならここで待ち合わせをしたり、本を読むなどして
ゆっくり過ごすのも楽しそうだなと思いました☆
湖山荘 露天1.5
日中は向かって左側のお風呂が女湯でした。
脱衣所の様子。写真はありませんが、飲泉所もありました。
湖山荘 露天1 (2)
それではお風呂へ♪
カランは無く、お湯に浸かるためのお風呂です。
男女合わせると100畳もの広さがあるというお風呂はとにかく広い!
周りは石垣に囲まれているのですが、こちらのお風呂にはちょっと
したお庭(?)があるので、閉塞感なく過ごせました。
湖山荘 露天1 (4)
逆方向から。源泉は同じなのですが、湯温はお部屋の露天よりも
やや高めでした。比較的温めな場所を探してのんびり寛ぎます♪
湖山荘 露天1 (5)
露天の奥まったところには、お隣のお風呂へ通じる道が!
完全に繋がっている訳ではないのですが、顔くらいは見えるかな?
「御所坊」のお風呂のように、隣同士でお話が可能です。
湖山荘 露天1 (6)
そして夜、何とお湯が白濁しました!
理由はよく分からないそうなのですが、時々この様になるそうです。
「縁起が良いんですよ~!」と言われてちょっと嬉しかった♪
湖山荘 露天1 (7)
翌朝、入替え後のお風呂の様子です。
こちらにはお庭のようなスペースはないので、すぐ側に石垣が。
そのせいか、お風呂自体は広いものの、やや圧迫感がありました。
湖山荘 露天2 (1)
逆方向から。
個人的には、入替え前のお風呂の方が好みかな?
湖山荘 露天2
次回は、夕食編へ・・・。
00 : 00 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~本館内湯編~
2009 / 12 / 19 ( Sat )
「湖山荘」さんのお風呂は全部で三箇所。
どの浴槽も24時間入浴可能なうえ、源泉掛け流しです♪
館内に内湯は二箇所あるのですが、今回ご紹介するのは
露天風呂の近くにある内湯の様子のみになります。
・・・もう一つの内湯は、写真を撮り忘れてしまいました(汗)。
こちらは脱衣所。木の温もりが感じられる優しい雰囲気です。
湖山荘 内湯 (1)
洗面台にはドライヤーとヘアブラシが。
タオル類はお部屋から持参します。
湖山荘 内湯 (2)
それではお風呂へ。贅沢にお湯が掛け流されていました♪
浴槽はそれほど大きな造りではなく、ゆったり入るのであれば
3~4人が適正人数といったところ。湯温はやや熱めかな?
湖山荘 内湯 (3)
カランは三つほど。
湖山荘 内湯 (4)
大きく採られた窓の外には御所湖が☆
素敵な景色を眺めながらお風呂に入れるのは嬉しい♪
湖山荘 内湯 (5)
いつまで見ていても飽きません・・・。
男女の入替えはないのですが、男湯も大体同じ造りの様です。
湖山荘 内湯
次回は、本館露天風呂編へ・・・。
14 : 05 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~部屋風呂編~
2009 / 12 / 17 ( Thu )
「駒形」のお部屋には、内湯と露天の二種類のお風呂があります。
もとろんどちらも源泉掛け流しで、贅沢にお湯が使われていました。
まずは脱衣所の様子からご紹介デス!
脱衣所はとてもゆったりとした造りで、使い勝手も良好♪
ヘタな貸切風呂の脱衣所よりも広いかもしれません(笑)。
湖山荘 部屋露天1
バスタオルは一人二枚。
本館のお風呂を利用する際はこちらのタオルを持参します。
湖山荘 部屋露天 (2)
ビニール袋の中には浴用タオルと歯ブラシが。
湖山荘 部屋露天 (4)
そして驚いたのがアメニティー!
ヘアブラシ、レーザー、シャワーキャップといった基本的なもの以外に
クレンジングシートやシートマスク等も用意されていました。
湖山荘 部屋露天 (3)
それではいよいよお風呂へ!風情ある青森ヒバの浴槽にうっとり♪
内湯と露天は異なる源泉を引いていて、こちらは「観音の湯」という
源泉を使っています。湯温は露天よりもやや高めで、硫黄の香りも
こちらの方がやや強いように感じました。
湖山荘 部屋露天 (5)
内湯と言っても窓が大きく採られているので、閉塞感はありません。
広さも充分で、4~5人はゆったり入れそうな大きさがありました。
湖山荘 部屋露天 (8)
面白いことに、内湯にはTVも☆
そう言えば、脱衣所にラップに巻かれたリモコンが置いてありました(笑)。
湖山荘 部屋露天15
洗い場もなかなかの風情。
カランは二つあり、湯量も充分でした。
湖山荘 部屋露天 (6)
飲泉が出来るスペースも設けられています。
湖山荘 部屋露天 (7)
続いて露天風呂へ。
目の前には御所湖と岩手山、秋田駒ケ岳が広がる絶好のロケーション!
湖山荘 部屋露天 (9)
角度を変えてもう一枚(笑)。こちらは岩手山方向デス。
とても静かな環境で、この景色とお風呂を楽しめるなんて幸せ!
湖山荘 部屋露天 (13) 湖山荘 部屋露天 (14)
広さが今ひとつ伝わりづらいかもしれませんが、5~6人は
ゆったりと入れそうな大きさです。お湯は「萪内の湯」という源泉で、
湯温はやや温め。ゆっくりと長湯を楽しむことが出来ました♪
湖山荘 部屋露天 (10)
露天風呂は天候に左右されがちですが、
こちらの露天は約半分ほど屋根がかかっているので、
雨でもお風呂を楽しむことができます♪
湖山荘 部屋露天 (12)
最後に逆方向から。
この扉から何度も内湯と露天を行き来してお風呂を満喫しました♪
湖山荘 部屋露天 (11)
次回は本館お風呂編へ・・・。
00 : 01 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~お部屋編~
2009 / 12 / 15 ( Tue )
「湖山荘」さんの離れは三つ。今回は露天風呂付きの「駒形」の
お部屋に宿泊しました。時間になると係りの方の案内でお部屋へ♪
離れには専用の入り口があり、そこから部屋へ向かいます。
湖山荘 部屋 (1)
お部屋の間取りは、8畳の主室に6畳の副室といった構成。
こちらは主室の様子です。ゆったりめの広縁が付いているので
8畳といっても、窮屈感は全く感じませんでした。
お部屋に着くと、係りの方が早速お菓子を出してくださいます♪
湖山荘 部屋 (2)
手造りの芋羊羹と甘酒です。自然な甘さが美味♪
この日は「冬支度の日」とのことで、お芋のチップスもいただきました。
湖山荘 部屋 (3)
お菓子をいただきつつ、夕食の時間決めや浴衣の帯を選びます。
色んな色があって、思わず真剣になってしまいました(笑)。
浴衣は一人二枚貰えます。
湖山荘 部屋 (15)
主室の様子をもう少し詳しくご紹介します。
床の間の脇の戸棚には何やら沢山の引き出し(?)が☆
湖山荘 部屋 (4)
中にはTVとDVDプレイヤーが隠れていました。
ちょっとした配慮が嬉しい♪
湖山荘 部屋 (5)
戸棚の上にはメモ帳やお裁縫セットも。
湖山荘 部屋 (7)
鍵は1つ。本館のお風呂へ行くなど別行動も多いので、
やはり二つ用意していただけると嬉しいかな?
湖山荘 部屋 (8)
角度を変えてもう一枚主室の写真を☆
湖山荘 部屋 (9)
広縁からのこの眺め、素敵です♪
滞在中は、殆どの時間をお風呂かこちらで過ごしました。
湖山荘 部屋 (10)
目の前には湖が広がり、奥には岩手山。
眺めていると時が経つのを忘れてしまいます・・・。
湖山荘 部屋 (12)
しつこく反対側の風景も(笑)。
写真では分かりにくいですが、秋田駒ケ岳も見えました♪
湖山荘 部屋 (11)
副室には予めお布団が敷かれていました。
「お風呂に入って、布団でゴロゴロ♪」は温泉の醍醐味!?
エアコンも両方のお部屋に一台ずつあり、快適に過ごせました。
湖山荘 部屋 (13)
こちらには文机も。
ちょっとした物を置いておくのにとても便利でした♪
湖山荘 部屋 (14)
冷蔵庫やお茶のセットなどは玄関脇のスペースにあります。
湖山荘 部屋 (16) 湖山荘 部屋 (17)
冷蔵庫の中身は割りと充実!
お値段もビールが315円、お茶などのソフトドリンクが158円と
ほとんど市価に近い価格です。アイスなどもあって大満足♪
湖山荘 部屋 (18)
冷蔵庫の中には野草茶のサービスも。
少しクセのある味なので、好みは分かれると思いますが
ハーブティーのようで私は美味しくいただきました。
湖山荘 部屋
次回は部屋風呂編へ・・・。
00 : 52 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
湖山荘~館内編~
2009 / 12 / 13 ( Sun )
みちのく庵さんにお世話になった翌日は、岩手県のつなぎ温泉へ!
途中仙台駅で降りて、構内にある「利久」さんの牛タン極定食を
いただきました♪ここの牛タンは肉厚でとってもジューシー。
仙台方面に電車で来た時の楽しみの一つになっています☆
湖山荘 館内 (1) 湖山荘 館内 (2)
盛岡駅からつなぎ温泉までは車で30分程度。
宿の送迎もありますが、帰りに観光したい場所もあったので
今回はレンタカーを利用しました。あっと言う間に宿へ到着!
周りは硫黄の香りに包まれていて、期待が高まります♪
湖山荘 館内 (3)
今回は離れに宿泊。離れの場合、チェックイン時間は本館よりやや早く
15時から可能ですが、早く着いてしまったためとりあえず本館へ。
時間になるまでこちらで待たせていただきました。
湖山荘 館内 (4)
入り口の脇には大きな足湯が。
あまりの大きさにちょっとビックリしました(^×^;)
湖山荘 館内 (5)
「湖山荘」さんのパブリックスペースで一番多く利用したのはこの囲炉裏。
常時冷水と野草茶が置かれていて、本館のお風呂を利用した際に
よく立ち寄りました。夕食後にはお箸の絵付け体験も開催されます☆
湖山荘 館内 (6) 湖山荘 館内 (7)
この他、本館のやや奥まったところにはこんなデッキスペースも!
湖山荘 館内 (8)
すぐ目の前には湖が広がり、絶好のロケーションです☆
そう言えば、雪を見たのは今年はこれが初めて。
素敵な雪景色を見ることが出来て、とても幸せな気持ちになりました♪
温かい季節なら、ここでのんびり過ごすのも素敵だと思います。
湖山荘 館内 (9) 湖山荘 館内
次回はお部屋編へ・・・。
00 : 01 | ひぃなの丘 湖山荘(岩手県・つなぎ温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みちのく庵~朝食編~
2009 / 12 / 11 ( Fri )
朝食は8時もしくは8時半から。5分ほど前に係りの方が
やって来て、美味しい梅昆布茶を煎れてくださいました♪
(お布団上げの時間は、ずっとお風呂に居たので不明です。)
みちのく庵 夕食 (1)
お茶をいただいている間に、手際よくお料理が運ばれて来ます。
まずは冷たいおかず、続いて温かいものを持ってきてください
ました。全て並んだ状態がこちら☆
みちのく庵 夕食 (2)
まずは最初に並んでいたものからご紹介します。
鰯の甘露煮。見た目ほど味は濃くありませんでした。
みちのく庵 夕食 (3)
鮪のやまかけ。
みちのく庵 夕食 (4)
優しい味のお浸しと桜海老。
みちのく庵 夕食 (5) みちのく庵 夕食 (6)
程よい量のサラダ。
みちのく庵 夕食 (8)
ご飯の友たち。
梅干がちょっと酸っぱかったデス☆
みちのく庵 夕食 (7)
デザートのヨーグルトにはアロエが沢山入っていました♪
みちのく庵 夕食 (9)
ここから後は温かい状態で運ばれてきました。
百合根やフカヒレの入った、好物の茶碗蒸し。
みちのく庵 夕食 (10)
イカと大根の煮物は優しい味付けでした。
朝から煮物が出てくると嬉しい♪
みちのく庵 夕食 (11)
ご飯は白米かお持ち入りの五穀粥から選択可能。
私はお粥をお願いしました。
みちのく庵 夕食 (12)
大きなおふの入ったお味噌汁。
みちのく庵 夕食 (13)
食後にはコーヒーもサービスも☆
コーヒーが苦手な相方には紅茶を出してくださいました。
こうした心遣いは嬉しいですね♪
朝食は色々な物を少量ずついただくことができ大満足でした。
みちのく庵 夕食
今回久しぶりの再訪となった「みちのく庵」さん。
期待していたお部屋からの眺めには大満足!館内も隅々まで
清潔で明るく、とても心地よく過ごすことができました♪
ただちょっと残念だったのは、チェックイン・アウトの時刻に合わせた
送迎が無くなってしまったこと(以前はプランのイン・アウト時刻に
合わせて送迎してくれたんですよ~☆)と、夕食。食事については
その日の献立との相性もあるので一概には言えませんが、期待が
高かった分、ちょっと残念に思った部分も正直ありました。
とは言え、あのお部屋からの眺望はクセになりそうなので、
また機会があればうかがいたいと思います。
00 : 00 | みちのく庵(宮城県・鎌先温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みちのく庵~夕食編~
2009 / 12 / 09 ( Wed )
本日は夕食のご紹介デス。一部「あれれ?」と思うことが
あったので、やや辛口気味ですがご了承ください(≧m≦)
時間は18時からとのこと。お部屋でいただきます☆
10分前位に係りの方が用意を整えにいらっしゃいました。
みちのく庵 夕食 (1)
先付は柿の白和え。
クリーミーでとっても美味しかったデス♪
みちのく庵 夕食 (2)
前菜いろいろ。
みちのく庵 夕食 (3)
お椀は松茸とあいなめ。お造りと一緒に出てきてしまったので、
早く食べなくてはと焦ってしまい、あまりゆっくりと味わえず・・・。
やはり一品ずつ出していただきたかったかな?
みちのく庵 夕食 (5)
お造り。
今回ちょっと残念だったのは、あまりお食事の説明が無かったこと。
お品書きがあるので基本的には問題無いのですが、このお造りは
「三陸魚貝盛り」としか書かれていなかったので、白身のお魚の
種類が分からず、結局後から確認しました(^ω^;)・・・。
みちのく庵 夕食 (4)
焼物は「仙台牛朴葉焼き」。
柔らかく旨味の感じられるお肉でしたが、残念ながら温かった!
きのこへの火の通り具合が丁度良かったので(歯ごたえバッチリ)、
お肉が充分温まらなかったのかもしれません☆
みちのく庵 夕食 (6) みちのく庵 夕食 (7)
煮物は「鱈きくかぶら蒸し花あん」。
銀杏や百合根、鱈の白子と好物が満載だった一品。
アツアツで美味しくいただきました♪
みちのく庵 夕食 (9)
が!続いても恐怖の二品出しが(|||_|||)
お食事も終盤だからそんなに早く食べられない~!
お料理は揚物「湯葉雲丹包み揚げ」。
残念ながら、雲丹の風味はあまり感じられなかったかな?
みちのく庵 夕食 (10)
酢物「松島かき」。
「そう言えば、もう牡蠣の季節かぁ・・・。」と思った一品。
今年初めていただいた大ぶりの牡蠣は幸せの味でした♪
みちのく庵 夕食 (11)
お食事は、ひとめぼれの新米と白石手延温麺。
トロッとした餡の掛かった温麺はやっぱり美味しい!!
この温麺が食べたくて今回の再訪を決めたようなものなので
再会することが出来てとっても嬉しかったデス♪
みちのく庵 夕食 (12)
最後はデザートのカボチャプリン。
好物なのですが、ちょっとボソボソしてしまっていて残念!
甘みももう少し強めの方が、個人的には好みでした。
ほうじ茶はお急須を渡され、水屋へ行って自分で煎れました。
嫌な感じの言い方では全然ないので、特に気になりませんでしたが
「?」と思う方もいるかもしれません☆
みちのく庵 夕食 (13)
食後はしばらくすると、お布団を敷きに来てくださいます。
みちのく庵 夕食
今回は「おいし~!」と印象に残るお料理が少なかったのが残念☆
上手く言えないのですが、「もっと●●だったら」と思うお料理が
多かったように思います。前回のお料理にとても満足していたので、
期待値が上がってしまっていたこと、この二年の間に自分も色々な
お店や宿でお食事をいただく機会があり、好みも変わったこと、
今回お料理の二品出しなど、ちょっとバタバタ感があったこと等も
影響しているかもしれません。あくまで個人的な感想なので
参考程度にご覧いただければと思います。

次回は朝食編へ・・・。
00 : 00 | みちのく庵(宮城県・鎌先温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
BRUTUS☆
2009 / 12 / 07 ( Mon )
本日は宿泊記以のこと、というか宿泊記が出来るまでの時間稼ぎで
雑誌のご紹介デス(^ω^;)たまたま本屋さんで目にした「BRUTUS」。
今回は日本の宿やリゾートの特集でした。何となくページを捲ってみると
知らない宿の名前も結構あり、試しに購入してみることに☆
BRUTUS.jpg
内容は、概ね1万円台後半~2万円台で宿泊できる宿の紹介が多く
「こんな宿もあったんだ~☆」と興味深々(笑)。
ホテリ アアルト」、「チミケップホテル」、「杣人の里 挽家」など、早速出かけて
みたいと思う宿にも出会うことが出来ました♪
12月12日OPEN予定の「星のや京都」の特集も興味深かったです。

なかなかオススメの1冊でした~(^_^)v
00 : 00 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みちのく庵~大浴場編~
2009 / 12 / 05 ( Sat )
本日は大浴場のご紹介デス。「みちのく庵」さんの大浴場は二つ。
夕食後に入替えがあり、両方のお風呂を楽しむことが出来ます。
24時間入浴が可能なのも嬉しいポイント♪
みちのく庵 風呂1 (1)
脱衣所。こじんまりとしていますが、全11室の宿なので
それ程混み合うことはありませんでした。
みちのく庵 風呂1 (2)
鍵の掛かるロッカーもあり便利!
みちのく庵 風呂1 (3)
キレイに整えられた洗面スペース。
みちのく庵 風呂1 (4)
アメニティーも充実しています♪
コットンや綿棒、歯ブラシなどの他、クレンジング・化粧水・乳液
クシ・レーザー・シャワーキャップなどが揃っていました。
みちのく庵 風呂1 (5)
竹炭入りのお水の用意も☆
みちのく庵 風呂1 (6)
それではお風呂へ!最初は高野槙のお風呂が女性用でした。
残念ながら、「みちのく庵」さんのお風呂はどれも循環・塩素
消毒アリのお風呂ですが、塩素臭は殆ど感じませんでした。
木の優しい雰囲気がお気に入りに♪
みちのく庵 風呂1 (8)
寝湯のスペースもあり、木々を眺めながらお湯を楽しめます。
みちのく庵 風呂1 (9)
カランは三つ。
少ないですが、混み合うことはありませんでした。
シャンプー類はポーラの「アロマエッセ」シリーズ。
みちのく庵 風呂1 (10)
続いて露天風呂へ・・・。
階段を下りて向かうので、夜間はやや注意が必要☆
みちのく庵 風呂1 (11)
こちらが露天風呂です。
それ程大きくはないので、3~4人が適正人数でしょうか。
湯温も温めでのんびりと長湯を楽しむことが出来ました♪
みちのく庵 風呂1 (12)
さすが「雲上の湯」(笑)。
目の前には絶景が広がります。
みちのく庵 風呂1 (13)
こちらは入浴というか半身浴目線。
のんびり雲を眺めながらのお風呂はとてもリラックスできました♪
みちのく庵 風呂1
続いて石造りのお風呂をご紹介します。
脱衣場等は同じなので割愛!内湯の様子からご紹介します。
みちのく庵 風呂2 (3)
こちらのお風呂は、高野槙のお風呂よりも山側に位置するため
内湯からも山々を望むことが出来ます。造りはほぼ一緒ですが
そう言えば、こちらには寝湯がありませんでした。
みちのく庵 風呂2 (4)
カランが三つなのも同じ。
みちのく庵 風呂2 (5)
露天風呂の造りもほぼ同じです。
違うのは湯口の位置くらいかな?
みちのく庵 風呂2 (6)
景色が見えるように、湯口側へ移動・・・。
柵の一部に少しだけ目隠しがあります。
みちのく庵 風呂2 (7)
露天風呂からの景色は、山が近い分こちらの方に軍配!
みちのく庵 風呂2 (8)
半身浴目線。
居心地が良くて、朝食時間ギリギリまでここで過ごしました。
みちのく庵 風呂2
次回は夕食編へ・・・。
00 : 02 | みちのく庵(宮城県・鎌先温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みちのく庵~お部屋編~
2009 / 12 / 03 ( Thu )
実は「みちのく庵」さんで夕食と同じ位楽しみにしていたのが
この「朝霞」のお部屋に泊まること。前回お世話になった際に
見せていただいて、とても気に入ったお部屋なのです!
お部屋に一歩入ると、開放感のある景色が迎えてくれました♪
みちのく庵 部屋 (1)
お部屋の間取りは八畳一間。それに洗面所とトイレが付きます。
みちのく庵 部屋 (2)
間取りはごく普通ですが、特徴的なのがお部屋を囲む広縁!
大きく採られた窓のお陰で閉塞感は無く、目の前には
絶景が広がります。名残の紅葉がとてもキレイでした♪
みちのく庵 部屋 (6)
しつこくもう一枚(笑)。
滞在中は殆どこちらで、時間を忘れて過ごしました。
みちのく庵 部屋 (7)
外には濡縁もあり、もちろん外へ出ることも可能。
遮る物の無い景色を堪能することが出来ます♪
みちのく庵 部屋 (8) みちのく庵 部屋 (9)
広縁の隅には冷蔵庫などの水屋コーナー。
予めポットと冷水が用意されていました☆
みちのく庵 部屋 (10)
ビールのほか、チューハイがあるのが個人的に嬉しかったデス♪
みちのく庵 部屋 (11)
ドリップコーヒーのサービスも♪♪
みちのく庵 部屋 (12)
浴衣やタオル等は、床の間脇の箪笥に。
浴衣と作務衣は各一枚ずつ用意されていました。
みちのく庵 部屋 (3)
バスタオルは一人二枚、浴用タオルは一枚ずつ。
大浴場にはタオル類はないため、部屋から持参します。
みちのく庵 部屋 (4)
鍵は二つあるので、別行動の多い私たちには便利でした♪
みちのく庵 部屋 (5)
最後にご紹介するのは洗面所。
一畳ほどのスペースがあり、二人でも身支度可能と思います。
シンクはシングルですが、物を置けるスペースが広く採られていて
とても使いやすかったデス♪あとは椅子があれば完璧カナ?
みちのく庵 部屋 (13)
アメニティーは歯ブラシ、レーザー、クシなど。
毎回しつこいですが、コットンセットの中にヘアゴムもありました♪
(私にとっての最重要ポイントなんです・笑。)
みちのく庵 部屋 (14)
「アロマエッセ」のクレンジングと化粧水、乳液も☆
男性用の化粧品もありました。
みちのく庵 部屋 (15)
ドライヤーと、お隣の小箱は・・・?
みちのく庵 部屋 (16)
お裁縫セットとお薬でした~☆
ちょっとした心遣いが嬉しいですね♪
胃薬はありがたく使わせていただきました(笑)。
みちのく庵 部屋
次回は、大浴場編へ・・・。
00 : 01 | みちのく庵(宮城県・鎌先温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
みちのく庵~館内編~
2009 / 12 / 01 ( Tue )
宮城県鎌先温泉の「みちのく庵」さんと、岩手県つなぎ温泉の
「湖山荘」さんへ行ってきました。まずは「みちのく庵」さんの
ご報告をしたいと思います♪今回は新幹線を利用しての旅。
お気に入りのお弁当で腹ごしらえをしつつ、いざ出発デス♪
みちのく庵 館内 (1)
「白石蔵王」駅へは約2時間程で到着☆
送迎は15時からとのことだったので、タクシーを利用しました。
15分程で宿へ到着。料金は2000円位だったと思います。
※通常のチェックインは15時、アウトは10時です。
今回はチェックイン14時、アウト11時のプランを利用していました。
みちのく庵 館内(0)
宿の方に迎えていただいて中へ。
実は約二年振りの再訪になるので、何だか懐かしい!
こちらでお茶とお菓子をいただきつつ、記帳をします。
夕食の時間や苦手な食材の確認もこの時に。
みちのく庵 館内 (2) みちのく庵 館内 (4)
おしぼりにはこんな演出も☆
タオルにはミントの葉が一枚挟まっていました。
みちのく庵 館内 (3)
パブリックスペースは、このロビーと囲炉裏のスペースのみなので
もう少しロビーの様子をご紹介したいと思います。
ロビーの脇にはショップコーナーが☆
素敵な器や小物たちがセンス良くディスプレイされていました。
みちのく庵 館内 (5) みちのく庵 館内 (6)
続いて帳場前の囲炉裏コーナー。
実際に火が入っていて、お茶がいただけるようです。
帳場前にもちょっとしたお土産が置いてありました。
どちらもとても落ち着いた雰囲気でリラックスすることが出来ます♪
みちのく庵 館内
次回は、お部屋編へ・・・。
00 : 02 | みちのく庵(宮城県・鎌先温泉) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |