FC2ブログ
きらの里~夕食編~
2008 / 08 / 31 ( Sun )
「きらの里」さんの夕食には、「海鮮シャブシャブ」と「溶岩焼き」の
2つのコースがあります。開始時間は17時半もしくは20時を選ぶ
ことが可能。今回は「海鮮シャブシャブ」をお願いしました。
※食事の時間とコースはチェックイン時に決めるので、希望がある場合は
早めのチェックインをオススメします☆
きらの里 夕食 (1)
「海鮮シャブシャブ」のコースの場合は、「海つばき」というお食事どころで
いただきます。窓が大きくて明るい雰囲気の建物でした。
カウンター席やテーブル席などがありますが、ちゃんと個室になっていない
のはちょっと残念かな?最初に出てきたメニューはこちら☆
きらの里 夕食 (2)
先付は「蓬豆腐」。小さなキュウリが可愛い!
きらの里 夕食 (4)
前菜いろいろ。この中では「穴子の柏寿司」が美味しかったかな?
もうすぐ5月なのね・・・。と季節を感じる一皿でした。
きらの里 夕食 (3)
お椀は「京鴨丸仕立」。鴨のつみれが美味しい~♪
お料理は想像していたよりも美味しく、期待が膨らみます☆
きらの里 夕食 (5)
お造りは新鮮でどれも美味しかった!
きらの里 夕食 (6)
揚げ物は「海老しんじょう東寺揚げ」と「稚鮎串揚」、「鮎蓼」。
海老しんじょうも稚鮎も大好物なので美味しくいただきました♪
きらの里 夕食 (7)
そしていよいよメインの海鮮シャブシャブの登場~♪
たっぷりのお野菜と一緒にいただきます。
きらの里 夕食 (8)
こちらが主役のお魚たち☆
伊勢海老や金目鯛のほか、桜鯛や地蛸などがありました。
想像していたよりもボリュームがありビックリ!
きらの里 夕食 (10)
ここでお品書きに無かった物が登場☆
裏山で採れた山菜の天ぷらです。アツアツでとても美味しいのですが、
揚げ物二皿目は流石に完食できず、残念・・・。
きらの里 夕食 (11)
こちらの「旬采小鉢」は3つのお料理からの選択式。
私たちはそれぞれ「雲丹南禅寺蒸し」と「グリーンアスパラ塩茹で」を
いただきました。南禅寺蒸しは中にも雲丹がゴロンと入っていて、
優しいお味で美味しかったです。
きらの里 夕食 (13)
こちらは相方がお願いしたグリーンアスパラ。
こちらも新鮮で美味しかったそうです☆
きらの里 夕食 (12)
お食事も小鉢と同様、3つの中からのチョイス。
私は大好物の「生姜御飯」があったので、そちらをお願いしました。
ピリリとした生姜の風味が活きていて美味しかったです♪
きらの里 夕食 (14)
こちらはもう一つのメニュー、「修善寺産黒米飯蒸し」。
味見をさせてもらったところ、モチモチしていてこちらも美味♪
どちのお料理にも、伊勢海老のお味噌汁とお漬物が付いてきます。
きらの里 夕食 (15)
お楽しみのデザートは、季節のフルーツシャーベットとコーヒームース、桜金鍔。
「お腹いっぱい~!」と言いながらも美味しいデザートは別腹!
しっかりいただいてしまいました(笑)。
配膳に「ん?」と思うことも多少あったものの、お料理は想像以上に
美味しく、満足することができました☆
きらの里 夕食
さらに足湯近くの広場(?)では、夜22時~24時の間「夜鳴きソバ」の
サービスがあります。なんだか風情のある屋台ですよね♪
屋台の周りには小さなテーブルがあり(これもちゃんと屋台風☆)、
みなさん美味しそうにおソバを召し上がっていました。
きらの里 夜食 (1)
しっかりメンマや海苔も入っていて、本格的☆
量は通常のラーメンの半分程度でしょうか・・・?
あっさりした醤油味で、意外と美味しかったです♪
きらの里 夜食
次回は、朝食編へ・・・。
スポンサーサイト



13 : 30 | きらの里(静岡県・伊豆高原) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
きらの里~大浴場編~
2008 / 08 / 27 ( Wed )
「きらの里」さんには貸切風呂のほかに、バリエーション豊かな浴槽が
楽しい大浴場、「杜の湯」があります。利用時間は15時~24時と
翌5時~10時。タオル類は常備されているので、お散歩の途中に
気楽に立ち寄れるのも魅力でした♪
きらの里 大浴場編 (1)
中に入ると浴用タオルとバスタオルが常備されたカウンターや休憩スペースが☆
確かスポーツ新聞なども置かれていたと思います。
きらの里 大浴場編 (2)
他にも、お風呂上りに嬉しい冷水やヤクルトのサービスも♪
きらの里 大浴場編 (3)
きらの里 大浴場編 (4)
ちなみに翌朝はヤクルト→牛乳に変わっていました。
みなさん美味しそうにグビグビ飲んでいらっしゃいましたよ☆
あ、もちろんわたしもいただきました~(笑)。
きらの里 大浴場編 (5)
それでは中へ・・・。
まず驚いたのは、鍵付きの下駄箱があること!
確かによく間違えてしまうので、これは便利です。
きらの里 大浴場編 (6)
70室のお宿だけあって、脱衣所には籠が沢山☆
きらの里 大浴場編 (9)
通常タイプのものの他に、鍵付きタイプがあるのもgood!
また、脱衣所内にもタオル類が常備されているので、
途中で替えが欲しくなっても安心です。
きらの里 大浴場編 (10)
続いては洗面スペース。
6つほどでしたが、それ程混み合うことはありませんでした。
きらの里 大浴場編 (7)
アメニティーもクレンジング・化粧水&乳液・ヘアブラシ・シャワーキャップ・綿棒など
必要なものがしっかりと揃っています♪
きらの里 大浴場編 (8)
それではお風呂へ・・・。
「杜の湯」には、内湯と露天合わせて9つのお風呂があります。
こちらは入り口近くにある打たせ湯「小糸の湯」。
お湯は源泉掛け流しとのこと☆
きらの里 大浴場編 (11)
続いて内湯「ささの湯」。こちらは循環式ですが、
このお風呂のお隣にもう一つ、掛け流しのお風呂「ひばの湯」が
あります。残念ながら、湯気で良い写真が撮れなかったので
写真は省略します(´・ω・`)ザンネン・・・。
きらの里 大浴場編 (12)
室内にはもう一つ、寝風呂「静かの湯」が。こちらも掛け流しデス♪
こちらには窓が無いので日中もこの位の明るさなのですが
何となく落ち着くお風呂で、お気に入りの一つとなりました☆
きらの里 大浴場編 (13)
続いて、外にあるお風呂へ・・・。
外へ出て左手にあるのが、壷風呂「信楽の湯」。
こちらは循環だったかな?小さなお子さんが楽しそうに入っていました。
きらの里 大浴場編 (14)
きらの里 大浴場編 (15)
そして正面には大きな露天岩風呂「杜の湯」が☆
こちらも残念ながら循環ですが、露天風呂らしいお風呂に大満足♪
湯温もあまり熱すぎず、長湯を楽しむことが出来ました。
塩素臭もほとんど気にならなかったような気がします。
きらの里 大浴場編 (16)
そして最後にご紹介するのは、一番お気に入りのお風呂
露天檜風呂「杜の湯」です。こちらは掛け流しのお風呂♪
きらの里 大浴場編 (17)
ついつい掛け流しの露天風呂に入ってしまいます☆
この他、やはり湯気で写真は撮れませんでしたが、
源泉蒸風呂「玉の湯」というお風呂もありました。
こうして宿の中で湯巡りをするのもなかなか楽しい♪
と、新たな発見をした一日でした☆
きらの里 大浴場編
次回は、夕食編へ・・・。
22 : 00 | きらの里(静岡県・伊豆高原) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
きらの里~貸切風呂編~
2008 / 08 / 25 ( Mon )
「きらの里」さんには、15時~24時、翌5時~10時の間
空いていれば無料で利用できる貸切風呂が3つあります。
ただし客室数70室のお宿なので、争奪戦は必至デス(笑)。
きらの里 貸切風呂 (1)
空いているのを見つけたら、案内板の札を裏返してお風呂へ!
タオル類は、大浴場に用意されているものを利用します。
きらの里 貸切風呂 (2)
まずは「壱の湯 石匠」から☆
巨石をくり抜いて造られたお風呂が何とも印象的です。
大きさは1人でゆったり、ギリギリ2人サイズといったところ。
貸切風呂では石鹸類の利用はNGのためお湯のみを楽しみます。
きらの里 貸切風呂 (9)
周囲にはしっかり目隠しがありますが、3つの中では
一番開放感があり、お気に入りのお風呂になりました♪
きらの里 貸切風呂
続いて「弐の湯 竹仙」。
こちらのお風呂からは、すだれ越しにアマゴの泳ぐ池の様子を眺める
ことが出来ます。「石匠」同様、浴槽と脱衣スペースが一緒になっている
タイプでしたが、間取りのせいか少し閉塞感がありました。
浴槽サイズはやはり1~2人用といったところ☆
きらの里 貸切風呂 (6)
きらの里 貸切風呂 (7)
最後にご紹介するのは「参の湯 岩座」。
こちらは3つの中で一番大きなお風呂で、やはり一番人気でした。
脱衣所もきちんと設けられています。
きらの里 貸切風呂 (3)
大きさもゆったりとしていて、4人くらい入れそうでした。
浴槽内にステップがあるので、半身浴も可能です♪
きらの里 貸切風呂 (4)
ただこちらは完全な内湯なので、外の様子は壁の上部に設けられた
すのこから僅かに見えるのみ。立地上仕方の無いことなのですが、
露天風呂好きの私としては、それが少し残念でした。
きらの里 貸切風呂 (5)
次回は、大浴場編へ・・・。
22 : 30 | きらの里(静岡県・伊豆高原) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
きらの里~お部屋編~
2008 / 08 / 23 ( Sat )
「きらの里」さんには、4つのタイプのお部屋があります。
今回私たちが宿泊したのは「別邸 山の音」というタイプのお部屋☆
「山の音」のお部屋へ行くには、割りと急な階段を上らないと
いけないので、ご年配の方には注意が必要かもしれません。
きらの里 お部屋編 (1)
「山の音」の外観です。
今回はこちらの2階にお世話になりました♪
きらの里 お部屋編 (2)
お部屋はベッドルームと8畳ほどの和室で構成されています。
入ってすぐにあるのは水屋のコーナー。
流しの下にある冷蔵庫には、懐かしいビンに入ったウーロン茶と
ミネラルウォーターが2本ずつサービスとして入っていました♪
きらの里 お部屋編 (4)
そしてそのお隣にはクローゼットと箪笥が置かれています。
箪笥の中にはバスタオルと浴用タオルが1枚ずつ入っていました。
きらの里 お部屋編 (5)
水屋の向かいには洗面所とシャワールーム。
洗面台はシングルシンクでしたが、サイドにゆとりがある造りなので
物を置くのにとても使い勝手が良かったデス。
きらの里 お部屋編 (6)
アメニティーは、引き出しの中にスッキリと整理されていました。
内容も歯ブラシ・シャワーキャップ・レーザー・ヘアブラシ・コットン&綿棒と
必要なものが揃っていました(ヘアゴムがあると個人的には完璧!)。
きらの里 お部屋編 (7)
奥には脱衣所とシャワールーム。
結局滞在中にシャワールームを利用することはありませんでしたが、
脱衣所が洗面から独立した造りになっているのは素晴らしいと
思いました。シャワールームは床から天井まで全て木造。
あまり使われていないのか、とてもキレイで気持ちが良かったです。
きらの里 お部屋編 (9)
それではメインの客室へ・・・。
室内は床にも天井にもふんだんに木が使われていて、優しい雰囲気。
寝室のベッドはシモンズ製で、とても寝心地が良かったデス♪
きらの里 お部屋編 (10)
今度は和室方向を☆
ベッドルームは障子を閉めれば独立したお部屋としても使用が可能!
定員4名のお部屋なので、2組での旅行時には便利ですね♪
きらの里 お部屋編 (11)
棚には「お昼寝セット」が用意されていました♪
きらの里 お部屋編 (12)
続いて和室をご紹介します。
こちらは8畳ほどの広さですが、広縁やテラスのスペースがあるので
それ程窮屈には感じませんでした。
きらの里 お部屋編 (13)
小さいですが液晶TVもしっかりあります☆
欲を言えば、DVDやDCを楽しめる機器があると嬉しいかな?
きらの里 お部屋編 (14)
鍵は2つあるので、別行動にも便利♪
可愛らしい茶器たちも思わず一緒にパチリ☆
お茶は市川製茶の「ぐり茶」のティーバックが用意されていました。
きらの里 お部屋編 (15)
最後に広縁とテラスをご紹介♪
大きな窓からの緑にとても心が癒されます。
そして、このスペースの主役と言えば・・・、
きらの里 お部屋編 (16)
マッサージチェア!!
もう、本当にずっとここに座っていました(笑)。
二方向が窓になっているのでとても開放感があるのですが、
この窓からは、お隣の様子もかなり見えるので要注意です☆
きらの里 お部屋編(18)
テラス部分。敷地内の景色を臨むことができます♪
それ程広くはありませんが、こういうスペースがあるのは嬉しい♪♪
きらの里 お部屋編 (17)
景色はこんな感じです。
何とものどかな風景にとても癒されました。ただし、正面の景色を
眺めている分には問題ありませんが、左右に視線を移すと
お隣が見えてしまうので、ちょっと気を遣ってしまいます(汗)。
きらの里 お部屋編
次回は、貸切風呂編へ・・・。
23 : 40 | きらの里(静岡県・伊豆高原) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
きらの里~お宿編~
2008 / 08 / 20 ( Wed )
ずいぶん前の話になりますが、4月某日、伊豆高原にある
「きらの里」さんへ行ってきました。宿へはチェックインにはちょっと早い
14時半過ぎに到着。「さすがにちょっと早いよね~。」と思いつつ
門の中に入ると、既に数台の車が!!
噂どおり、このお宿のお客さんのチェックインはかなり早い模様☆
きらの里館内 (1)
帳場(フロント)の外観。
こちらで記帳、夕食時間を決めます。
きらの里館内 (2)
中はこんな感じ☆
(こちらは翌朝撮影した写真です。)
時期柄鯉のぼりが飾られていました。
きらの里館内 (3)
記帳の後は作務衣を選びます。
16時半からは色浴衣も選択可能☆
作務衣の支給は1枚でしたが、お願いしたら貰えたのかな?
張りのある生地で、とても着やすい作務衣でした♪
きらの里館内 (4)
このほか「帳場」には・・・、
干物やオリジナルのお菓子などが並んだお土産処や
きらの里館内 (5)
滞在中に楽しめる、塗り絵のセットなども♪
こちらは無料でお借りすることができ、完成した作品は
絵葉書としても使うことが出来ます☆
きらの里館内 (6)
フロントで館内マップを貰っていざお部屋へ♪
お部屋への案内は無いので、自分たちで荷物を運びます。
思わず敷地内をぶらぶら・・・。こちらは帳場近くにある足湯☆
夜はこちらで「夜鳴きそば」のサービスがあります。
きらの里館内 (9)
何と畑も!
ちょっぴり「だいこんの花」さんの自家農園を思い出しました。
因みに奥に見える建物は、露天風呂付きのお部屋「竹ぶえ」です。
きらの里館内 (10)
畑では元気なお野菜がすくすくと育っていました♪
きらの里館内 (11)
畑の斜め向かいにはウサギ小屋も♪♪
元気に動き回る姿は何時まで見ていてもあきません。
きらの里館内 (12)
他にもニワトリやアヒル、野生のリスなどもいるので、小さなお子さんは
きっと大喜びするのでは!?と思います。
きらの里館内 (13)
次回は、お部屋編へ・・・。
22 : 31 | きらの里(静岡県・伊豆高原) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
宿泊済みの宿☆
2008 / 08 / 19 ( Tue )
最近まったくブログの更新ができず、ご心配をおかけしました(汗)。
こうしている間にも、お宿にだけは着々とお邪魔しており・・・。
ネタだけは沢山あるので、マイペースで記事をアップしていきたいと思います!

ちなみに訪問済みの宿はこちら☆

■4月
・きらの里


■G.W. 初めて九州のお宿へ行ってきました♪
・5足のくつ
・ア・マ・ファソン
・洋々閣
・風の森

■5月
・箱根吟遊


■6月
・あさば
・蓬莱


■7月 暑いのにナゼかほぼ毎週温泉へ・・・。
・岩の湯
・明神館

・強羅天翠
・時の宿 すみれ

■8月
・だいこんの花

・ホテル 花小宿

とりあえず、次回は「きらの里」さんからアップしようかと思案中デス☆
00 : 00 | その他 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
御所坊~朝食編~
2008 / 08 / 17 ( Sun )
「御所坊」編、最終回は朝食のご紹介です。朝食は8時か8時半から。
30分程前に係りの方がお布団を上げに来てくださいます。
傍らでじっとしているのも気詰まりなので、その間はサロンに居ました。
(サロンでは朝8時~11時の間、コーヒーをいただくことができます)。
御所坊 朝食 (1)
それでは朝食のご紹介デス。今回もお部屋でいただきました。
美味しそうなメニューが並びます♪
御所坊 朝食 (3)
まずはフレッシュ・オレンジジュースから。
程よい酸味が食欲を刺激します☆
御所坊 朝食 (4)
皮はカリッと、身はふっくらと焼かれた鮭♪
実は朝食のお魚に鮭が出てくると何となくガッカリしてしまうのですが、
これは本当に美味しくて、今回一番感動した一品でした。
御所坊 朝食 (8)
こちらは名物(?)黒豆豆腐の湯豆腐。
御所坊 朝食 (10)
薬味をたっぷりかけていただきます♪
御所坊 朝食 (11)
海苔も炭箱に入って登場♪♪
こうした心遣いは嬉しいですね。
御所坊 朝食 (9)
優しい味の茶椀蒸し。
御所坊 朝食 (7)
小鉢も色々。味の染みた煮物や
御所坊 朝食 (6)
ごはんの友たち♪
器も素敵で、目でも楽しめる朝食でした☆
御所坊 朝食 (5)
御所坊 朝食
お風呂は9時半で閉まってしまうので、この後はお風呂へ猛ダッシュ☆
もう一度コーヒーをいただいてチェックアウトしました。
*********************************************************
一人旅二泊目の宿としてお邪魔した「御所坊」さん。
前日の「海のしょうげつ」さんで、宿の方に物凄くかまっていただいた
ので(笑)、何となく接客が物足りない?という感じを個人的に受けましたが
楽しみにしていた「金郷泉」には大満足♪また、「金の湯」「銀の湯」の外湯
券の配布や他の関連施設の割引サービスなど、宿の中だけでなく有馬温泉
全体を楽しんで欲しいと言う気持ちが伝わってきて、何だか共感してしまいました☆
朝食はとても美味しかったので、気に入っている「花小宿」のダイニング「旬重」での
夕食と組み合わせて、また遊びに行きたいな~。と思います。
20 : 12 | 陶泉 御所坊(兵庫県・有馬温泉) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |