FC2ブログ
屋久島の旅~観光編~
2009 / 10 / 29 ( Thu )
本日は、屋久島での観光の様子をご紹介します。
屋久島は車でなら1周3~4時間程度で回れてしまう大きさ。
私たちは空港前のお店でレンタカーを借りて過ごしました。

滞在2日目、まず向かったのは「白谷雲水峡」!
こんな景色を眺めながらのドライブなので、道中も楽しかったです♪
宿からは40分程度で目的地に到着しました。
トレッキング0
トレッキングの途中、見渡せば何処もかしこも緑の世界。
つい足を止めて見入ってしまいました。
トレッキング (3)
そしてこんな可愛い出会いも☆
トレッキング (5)
これは「くぐり杉」。今回ガイドさんはお願いしませんでしたが、
所々に立つ案内版と、出発地点の小屋で貰ったガイドブックのお陰で
迷うことはありませんでした。
トレッキング (6)
こちらがお目当ての「もののけ姫」のモデルとなった森。
間近で見ることができて感動デス!!
トレッキング (7)
大体ここまでで1時間少々かかりました。
まだ余力が残っていたので、更にその先の「太鼓岩」へ行くことに☆
険しい道が続き、途中何度もへこたれそうになりましたが、
頂上には期待以上の景色が広がっていて大満足!
トレッキング (8)
残念ながら頂上付近で雨が降ってきてしまい、
霧が立ち込めてしまいましたが、それもなかなか幻想的でした。
トレッキング
往復3時間ほどでトレッキングを終え、汗を流しに向かったのは
空港前にある「縄文の宿 まんてん」さん。
こちらは立ち寄り湯も受付けていて、タオル類はもちろん化粧水など
のアメニティーも揃っており、身支度を整えるにはもってこいでした。
簡単な食事もいただいて、初日とは逆方向から宿へと向かいます。
途中立ち寄ったのは「平内海中温泉」。
屋久島 (1)
入浴中の方がいらっしゃったので、遠くからの写真しかありませんが
干潮の前後約2時間しか姿を現さない秘湯だそうです。
見たかったなぁ・・・。
屋久島 (2)
続いては「大川の滝」。
日本の滝百選にも選ばれている名滝は迫力満点でした!
屋久島 (6)
この日最後に行った(通った)のは「西部林道」。
こちらは車で入ることの出来る唯一の世界遺産地区です。
道はとても狭くカーブも多いため、運転には神経を使うかも・・・?
屋久島 (7)
写真で上手く伝えられないのが残念ですが、「トレッキングをしなくても
充分満足できるのでは?」というくらい、ここにも緑の世界が広がって
いました。動物たちとの出会いのチャンスも沢山あり大満足!
屋久島 (10) 屋久島 (9)
最後は、最終日・3日目の午前中に立ち寄った場所をご紹介します!
まずは宿の近くにある「横河渓谷」。
屋久島 (11)
水が澄んでいてとてもキレイな場所でした。
(美しさがイマイチ伝わりづらい写真ですが・・・。)
お弁当を持って、ここで水遊びをするのも楽しそう!
屋久島
最後にご紹介するのは「モッチョム岳」。
いきなり目の前に現れた時には驚きました!
その後はレンタカーを返却、空港で屋久島の焼酎「三岳」を購入し
次の目的地、鹿児島へと向かいました。
屋久島 (3) 屋久島 (4)
2泊3日で慌しく過ぎた屋久島の旅。
プランも殆ど決めない、行き当たりばったりの気ままな旅でしたが
すっかり屋久島の素晴らしい自然の魅力の虜になってしまいました。
今回はあれもこれもと欲張って慌しく動いてしまったので
次回はもっとゆっくり滞在し、のんびりと過ごしてみたいと思います。

次回からは鹿児島の旅をご紹介します♪

スポンサーサイト



00 : 00 | 送陽邸(屋久島) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
屋久島の旅~送陽邸・食事編2~
2009 / 10 / 28 ( Wed )
送陽邸さんのご紹介、最終回は2日目の食事の様子のご紹介です。
まずは夕食のご紹介から♪
気が向いた時間に、母屋へ一声掛けて用意されたお席へ。
毎回違うところ、というのも景色が若干変わって嬉しい♪
送陽邸 夕食2 (1)
お料理は席に着いてから宿の方が運んでくださいます。
出来立てアツアツではないですが、このロケーションが最高のご馳走でした!
この日は屋久島の名物料理が。1泊の場合はこちらが出てくるようです。
まずご紹介するのは、昨日とは違った種類の新鮮なお刺身。
送陽邸 夕食2 (2)
続いて飛魚のつけ揚げ。
さつま揚げのような食感(というかそのもの?)でした。
送陽邸 夕食2 (3)
お魚の唐揚。
送陽邸 夕食2 (4)
屋久島名物のサバ節と島ラッキョウ。
送陽邸 夕食2 (6)
これは何だったかな?酢の物??
送陽邸 夕食2 (7)
味の染みた煮物。
送陽邸 夕食2 (5)
のんびりお食事をいただいていると、いつの間にか夕暮れに。
みなさんも思い思いにこのひと時を楽しんでいるようでした。
送陽邸 夕食2 (8)
少し雲がありますが、今日も夕焼けを見られて満足!
送陽邸 夕食2 (9)
お酒を充分いただいてから、お食事を出していただきました。
今日は大きな伊勢海老の入ったお味噌汁!
ご飯はお腹が一杯だったので、少なめにしていただいています(笑)。
送陽邸 夕食2
続いて朝ごはんのご紹介です。
送陽邸 朝食2 (1)
今日のお魚はサバの塩煮。
送陽邸 朝食2 (2)
ピーナッツ豆腐。
甘くて美味しい。デザート感覚でいただきました♪
送陽邸 朝食2 (4)
この他、味つけ海苔と黒糖は昨日と同じメニュー。
シンプルですが、美味しい朝食でした。
チェックアウトは10時なので、少しのんびりしてから宿を後にしました。
送陽邸 朝食2
2泊でお世話になった『送陽邸』さん。
「民宿」ということで、多少の不便は覚悟していたものの
実際には不便と感じることもほとんどなく、宿の持つ独特の雰囲気や
素朴で温かな接客、そしてゆったりと流れる時間や豊かな自然に、
すっかりこの宿と屋久島の虜になってしまいました。
ホテルのようなスマートな接客や至れり尽くせりなサービスはありませんが
屋久島らしい滞在をするにはとても良い宿ではないかと思います。

次回は、屋久島での観光の様子を少しだけ紹介します♪
00 : 02 | 送陽邸(屋久島) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
屋久島の旅~送陽邸・食事編1~
2009 / 10 / 27 ( Tue )
二泊でお世話になった「送陽邸」さん。
本日は初日の夕食・朝食の様子をお伝えします。
夕食の時間は18時以降、好きな時間にお食事処へ向かえばOK!
送陽邸 食事1①
海を眺めながらのお食事、ずっと楽しみにしていました。
目の前には絶景が広がります♪
送陽邸 食事1②
席に着くと宿の方が手際よくお料理を並べてくださいました。
今日のメニューは海鮮焼です!
送陽邸 食事1③
メインのお料理はこちら!
お魚以外にも鶏肉や砂肝、お野菜など盛り沢山の内容でした。
送陽邸 食事1④
焼加減なども丁寧に教えてくださるので安心です。
どれも新鮮でとても美味しかった!
送陽邸 食事1⑥
こちらはお刺身。
初めていただいた「首折れサバ」、とっても美味しかったです♪
送陽邸 食事1⑤
美味しい海の幸を肴にお酒を飲んでいるとあっという間に時間が・・・。
最後にお食事を運んでもらいました。
送陽邸 食事1⑧
続いて朝食です。
こちらも8時以降、好きな時間に向かうスタイル。
昨夜とは違うテーブルに席が用意されていました。
送陽邸 食事1⑬
シンプルなメニューが並びます。
送陽邸 食事1⑨
お魚は飛魚の塩煮。あっさりとしたお味でした。
ちなに相方の方は上半分、お頭付きです(笑)。
送陽邸 食事1⑩
小鉢は心太。
送陽邸 食事1⑪
デザート(?)は黒糖でした。
食後はハンモックに揺られてのんびり。至福のひと時でした♪
送陽邸 食事1⑫
次回は、食事編2です。
00 : 03 | 送陽邸(屋久島) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
屋久島の旅~送陽邸・母屋編~
2009 / 10 / 26 ( Mon )
お部屋で一休みした後は、母屋と海岸を探検してみることに♪
送陽邸 母屋1
道路を渡り、母屋の敷地内へ入ると目に入るのは
この宿のシンボル的存在の広~い桟敷席のお食事処!
送陽邸 母屋2
ここで海を眺めながらお食事がしたくて、この宿を選んだのです☆
想像以上の素敵な雰囲気に、大満足でした。
送陽邸 母屋3
そしてお隣には、気持ち良さそうなハンモックが!
送陽邸 母屋5
最初は上手く乗ることが出来ずに悪戦苦闘してしまいましたが
こちらでも食前・食後とのんびり寛がせていただきました♪
送陽邸 母屋6
宿からは階段を使ってすぐに海へ降りることが可能!
送陽邸 母屋10
ウミガメの産卵でも有名なこの浜辺はお水がとてもキレイ!
海水浴を楽しむ方たちで賑わう浜辺も、夕方や早朝はとても静か。
ゆっくりお散歩を楽しみました。
送陽邸 母屋7
送陽邸 母屋8
こちらには予約制で利用できる貸切風呂が2つあります。
私たちは夕食前に岩風呂を予約していました♪
浜辺でのんびり過ごした後は早速お風呂へ!
母屋に声を掛けると、係りの方が案内してくださいます。
送陽邸 母屋11
洞窟風のちょっと面白い造りのお風呂です♪
因みにこちらは脱衣スペース。
野趣溢れる(?)造りで正に洞窟の中にいる様でした。
送陽邸 母屋12
カランは2つありました。
ご主人の手作りという洗面器も可愛い!
送陽邸 母屋 (15) 送陽邸 母屋 (16)
お風呂!海が近いです。
送陽邸 母屋 (13)
お湯は鉄泉を沸かしたもので、茶褐色の温めのお湯でした。
送陽邸 母屋 (14)
のんびり海を眺めながらのお風呂は至福のひと時。
いくら眺めていても見飽きることがありませんでした。
送陽邸 母屋 (17)
そうこうしているうちに、楽しみにしていた夕焼けが☆
あまり赤くはなりませんでしたが、刻々と変わる空の様子に
時間が経つのを忘れて見入ってしまいました。
送陽邸 母屋18
次回は食事編・1へ。
00 : 06 | 送陽邸(屋久島) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
屋久島の旅~送陽邸・お部屋編~
2009 / 10 / 25 ( Sun )
今回お世話になったのは、「新館・三号室」のお部屋。
繁忙期はお部屋指定不可とのことで、どのお部屋になるかは
当日のお楽しみでした。案内されたのは、二間続きのお部屋!
送陽邸 部屋1
ちょっと見難いですね(汗)・・・。
それでは逆方向から。6畳二間、二人には充分な広さです♪
襖の奥はお隣のお部屋なので、物音は若干聞こえてきました。
送陽邸 部屋2
天井の梁も趣が。
送陽邸 部屋3
机の上にはお茶のセットと大きな目覚まし時計!
この目覚まし、この後大活躍でした(笑)。
送陽邸 部屋4
鍵はありますが、大きな南京錠(笑)。
ずっと鍵は掛けっぱなしにして、テラスから出入りしていました。
送陽邸 部屋5
広縁の隅には空の冷蔵庫もあり、母屋の前の自販機で購入した
飲み物を美味しく保存することができます♪
送陽邸 部屋9
次の間にはお布団。もちろん自分たちで敷きます。
クローゼットは無いので、洋服は壁に設けられたフック(?)に掛けました。
送陽邸 部屋6
そして嬉しかったのはアメニティー!
タオル、バスタオル、浴衣と2日分、一人二枚ずつ用意されていました。
レーザーと歯ブラシの用意もあり、民宿としては至れり尽くせり(笑)。
送陽邸 部屋7
こちらのお部屋には幸運なことに(?)、トイレと洗面台も!
ドライヤーもありました~♪
送陽邸 部屋8
トイレも何とウォシュレット!!
「民宿」ということで、ある程度の不便は覚悟していたのですが
全くの杞憂に終わり、とても快適に過ごすことができました♪
送陽邸 部屋10
続いてはこのお部屋の一番のお気に入り、広~いテラスのご紹介です。
お部屋に居る時間のほとんどをここで過ごしました。
送陽邸 部屋12
外から見た様子。
ここから下へ降りることができます。
送陽邸 部屋13
テラスからの眺め。
永田浜と宿の集落を一望することが出来ます。
送陽邸 部屋14
しつこくもう一枚(笑)。
ここから眺めた海や星空の美しさは今でも忘れられません。
送陽邸 部屋15
次回は、母屋の様子をご紹介します♪
00 : 03 | 送陽邸(屋久島) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ