FC2ブログ
海のしょうげつ~朝食編~
2008 / 04 / 30 ( Wed )
最終回の本日は朝食のご紹介です。と、その前に・・・。
朝はお部屋の前にちょっと変わった容器に入った新聞が届けられます。
透明ケースは雨よけでしょうか?場所柄か新聞は「中日新聞」でした☆
海のしょうげつ 朝食 (1)
と、話を戻して・・・。こちらでの朝食は8時または9時から。
前日と同じダイニングのお部屋でいただきます。
海のしょうげつ 朝食 (2)
早速朝食のメニューをご紹介します!
朝のジュースはりんごかトマトを選択可能。私はトマトにチャレンジ!!
癖のない味で飲みやすかったです。
海のしょうげつ 朝食 (3)
メインディッシュは数種類の干物たち♪
この日はミル貝、太刀魚、河豚、鯵(みりんと塩味)でした。
ミル貝の干物、初めていただきましたが美味しい~☆
今回一番のお気に入りになりました♪
海のしょうげつ 朝食 (4)
干物は自分で炙っていただきます。
海のしょうげつ 朝食 (5)
その他にも小鉢類が幾つか。
お刺身に、、、
海のしょうげつ 朝食 (6)
大好物の温泉卵♪
海のしょうげつ 朝食 (7)
出来立てのお豆腐
海のしょうげつ 朝食 (8)
美味しい煮物
(中身は里芋と烏賊だったか蛸だったか・・・。)
海のしょうげつ 朝食 (9)
サラダは山葵醤油かオレンジのドレッシングでいただきます。
私は思い切ってオレンジにチャレンジ!ちょっと酸味のあるお味でした。
オレンジの風味はあまり感じなかったかな?
海のしょうげつ 朝食 (10)
優しいお味のおひたし。
海のしょうげつ 朝食 (11)
自家製ふりかけは鰯だけで作ったものとのこと☆
素材そのままの味が活きていました。
海のしょうげつ 朝食 (14)
昨日の伊勢海老はお味噌汁に変身!
よいお出汁がでています♪♪
海のしょうげつ 朝食 (13)
デザートはフルーツヨーグルト。昔食べた学校給食のような懐かしい味☆
以上で朝食のご紹介は終了です。朝から沢山食べてしまいました。
海のしょうげつ 朝食
初めての一人旅でお邪魔した「海のしょうげつ」さん。
最初はもっとホテル的なお宿なのかと思っていたら、みなさんとても
温かで一生懸命な方なかり。一人でも全く寂しくありませんでした♪
もちろん海を一望できるロケーションも素敵でしたが、こうして訪問記を
書いていて思い出すのはスタッフの方の優しいニコニコ顔です。
お部屋がとても使いやすいのも、私たち宿泊者が快適に過ごせる
ようにと、色々考えてくださった結果なのかなと思いました。
今度は相方と一緒に(笑)、ぜひお邪魔してみたいです。
スポンサーサイト



00 : 20 | 海のしょうげつ(愛知県・知多半島) | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
海のしょうげつ~夕食編~
2008 / 04 / 28 ( Mon )
お食事は一階(?)のダイニング「風の器」でいただきます。
時間は18時からか、19時からを選択可能。ただ、春~秋の比較的
日が長い時期であれば、夕焼けをゆっくり楽しめる19時スタートが
個人的にはオススメです。こちらはダイニング前のホール(?)。
入り口で係りの方が待機していてくださいました。
海のしょうげつ 夕食 (1)
ダイニングは個室。中庭を囲むようにコの字型にお部屋が並んでいるの
ですが、手前の方のお部屋は扉が無かったような・・・?
私は一人旅への配慮か、一番奥の扉付きのお部屋に案内されました。
海のしょうげつ 夕食 (2)
最初に並んでいたのは食前酒と先附、大皿に並べられた前菜でした。
食前酒は「桜花酒」。桜の花びらが入っています☆
海のしょうげつ 夕食 (3)
先附は「うすい養老豆腐温玉射込み」。
長芋豆腐の中にトロトロの温泉玉が入っています。
海のしょうげつ 夕食 (4)
中を割ってみると・・・?
濃厚な黄味がトロ~リ!お出汁も薄味で、とても美味しかったです♪
海のしょうげつ 夕食 (5)
前菜は大皿にキレイに並んでいます。
「小茶碗蒸し」。優しい玉子のお味。中には百合根が入っていました。
海のしょうげつ 夕食 (7)
花見串。蛍烏賊は好物なので大歓迎♪
奥にあるのは「細魚の桜葉寿司」と「小海老の手毬寿司」。
可愛らしい盛り付けと、季節の食材に春を感じる一皿でした。
海のしょうげつ 夕食 (6)
続いては、「赤車海老艶煮」と「車海老このわた和え」。
後ろにあるのは「鳥貝分葱巻き」と「菜の花酒盗和え」です。
「このわた和え」はついついお酒が進む一品♪
海のしょうげつ 夕食 (8)
前菜で最後にご紹介するのは「青柳山葵漬けと花山葵」。
一品一品、丁寧に作られていて大満足!これだけでもかなりお腹が
いっぱいになりました。完食できるか少々不安に・・・。
海のしょうげつ 夕食 (9)
続いて出てきたのは煮物椀。具は油目の葛打ちと水雲真丈です。
油目の身はホックリ、お出汁も薄味で美味しくいただきました。
お椀の中の大根と人参は花びらの形で、目でも春を感じます☆
海のしょうげつ 夕食 (10)
お造りは伊勢海老、平目、鰹、鯛、さざえ、太刀魚。土佐醤油と藻塩で
いただきます。この器は少し変わっていて、手前のものが蓋のように
なっています。下から別のお刺身が現れた時にはとても驚きました☆
海のしょうげつ 夕食 (11)
焼物は本ミル貝と蛤。それぞれ石焼と炭火焼でいただきます。
(蛤はすでに焼いてしまっていますが・汗)
海のしょうげつ 夕食 (12)
ミル貝をこんな風に石焼でいただいたのは初めて!
焼きすぎないよう、ミディアム・レアでいただきます。
海のしょうげつ 夕食 (15)
こちらは蛤。焼いていると美味しいお出汁(?)がジュワ~っと
出てきます♪もちろんお出汁もこぼさずいただきました♪♪
海のしょうげつ 夕食 (13)
続いては、畑で採れた野菜を使った「桜鯛の酒蒸し春キャベツ巻き」。
和風ロールキャベツ(?)、新鮮でしたが美味しかったです。
海のしょうげつ 夕食 (16)
メインディッシュの「飛騨牛ロース炙り」。こちらはポン酢でいただきます。
少量なのとそれ程脂がくどくないので、スルリと完食できました☆
付け合せの玉葱が甘くて美味しい♪
海のしょうげつ 夕食 (17)
こちらは今回一番のお気に入りの品、「若筍煮」。筍、こごみ、
針蕗などを焚き合わせた、春を凝縮したような一皿です。
お味が良いのは勿論ですが、蛸が驚くほど柔らかい!
どうやってこんなに柔らかく煮ているんだろう・・・?
海のしょうげつ 夕食 (18)
ご飯は白飯、お茶漬け、鮪の漬け丼の三種類から選択が可能。
私は係りの方オススメの「づけ丼」をいただきました☆
(量はかなり少なめにしていただいています。)
海のしょうげつ 夕食 (19)
最後はデザート♪
フルフルのレモンゼリーの中には、苺やマンゴー、グレープフルーツがたっぷり!
口の中がサッパリとする、美味しい締めの一品でした。
海のしょうげつ 夕食 (20)
以上でお食事のご紹介は終了ですが、折角なので夜の館内写真を☆
こちらは食後、コーヒーをいただきに立ち寄ったロビー。
テーブルには小さなキャンドルも灯されていて、良い雰囲気♪
海のしょうげつ 夕食 (21)
夜はまだ肌寒い時期だったので、係りの方が薪を入れてくださいま
した。薪のパチパチと燃える音を聞いていると、とても和みます。
海のしょうげつ 夕食 (22)
テラスの様子。メインの景色が海ということもあるので、ここからの夜景は
あまり期待しないでくださいね(笑)。
海のしょうげつ 夕食 (23)
そしてお部屋に戻ると、お夜食と「一休.com」予約特典のワインとソープが。
照明はぐっと抑えられ、テーブルにはロビーと同じ小さなキャンドルが置かれ
ていました。お夜食はワカメのおにぎり。贅沢を言えば、もうちょっとお塩が
効いていても良かったかな・・・?
海のしょうげつ 夕食 (24)
それと、嬉しかったのがこちら。夕食時に残ってしまったワインを
「お部屋でもお楽しみください」と、届けてくださいました。
もちろん氷なども新しいモノに!心遣いに心がほんわか温まりました☆
海のしょうげつ 夕食
次回は、朝食編へ・・・。
20 : 45 | 海のしょうげつ(愛知県・知多半島) | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
海のしょうげつ~大浴場編~
2008 / 04 / 26 ( Sat )
本日は大浴場のご紹介です。利用時間は6時半~23時とありました。
大浴場はロビー階より一つ下にあるため、階段またはエレベーターで
階下へと向かいます。この一見お風呂の入り口には見えない扉が
大浴場の入り口(笑)。ちなみに同じ階には岩盤浴(予約制・有料)
やダイニング「風の器」、「海の棟」と「大地の棟」があります☆
海のしょうげつ 大浴場 (1)
脱衣所はやや小じんまりとはしていますが、キレイで快適♪
お風呂場の大きな窓からは、明るい光が燦々と入ってきます。
貴重品をいれるボックスがあるのも高ポイント!
海のしょうげつ 大浴場 (2)
籠がとっても可愛かったのでアップで掲載(笑)。
タオル類もお部屋と同じものが置かれていて、使い心地も
とても良かったです。いつもきちんと補充されていました。
海のしょうげつ 大浴場 (3)
洗面台方向。木が沢山使われているせいか、壁面がコンクリートでも
冷たさを感じません。洗面台もいつもキレイに整えられ、快適でした。
海のしょうげつ 大浴場 (5)
アメニティー類はコットン&綿棒、ヘアブラシ、ヘアゴム、シャワーキャップなどが置いて
ありました。写真にはありませんが、化粧水や乳液、クレンジングは
「アロマエッセ」シリーズ。何も持たずにお風呂へ行くことが可能です。
海のしょうげつ 大浴場 (6)
お部屋同様、こちらにも「温泉分析表」が☆
源泉や利用状況はお部屋のお風呂と同じです。
海のしょうげつ 大浴場 (4)
それではお風呂へ♪
全体像がわかるように、脱衣所から撮影してみました(笑)。
海のしょうげつ 大浴場 (7)
大浴場は内湯のみです。
その内湯も4人くらいが適正サイズのやや小ぶりなものですが、
窓からの景色と日差しが心地よく、閉塞感は感じませんでした。
海のしょうげつ 大浴場 (8)
入浴目線はこんな感じです。
こちらの湯温も温めで、のんびりと長湯を楽しむことができました。
ただやはり塩化物強泉なので、体がかなりポカポカになります。
あまり長湯は禁物・・・!?
海のしょうげつ 大浴場 (12)
カランは3つ。お部屋にお風呂があるためか、毎回貸切状態だったので
これで充分なのかもしれません☆
椅子や台が高い位置にあって、とても使いやすかったです♪
海のしょうげつ 大浴場 (10)
最後に外のテラスからの景色です。
意外と船が大きく見えて(といっても向こうからは見えないでしょうけど)、
このテラスで寛ぐには勇気がいるかも!?と思いました(笑)。
海のしょうげつ 大浴場
次回は、夕食編へ・・・。
20 : 00 | 海のしょうげつ(愛知県・知多半島) | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
海のしょうげつ~部屋露天編~
2008 / 04 / 25 ( Fri )
「海のしょうげつ」さんのお部屋は、全室お風呂付!気軽にいつでも
温泉を楽しむことができます。こちらは一階の洗面所兼脱衣スペース。
広くはありませんが、明るくて清潔、何より動線が良く快適でした♪
洗面台も左右にゆとりがあるので、小物を置きやすかったです。
海のしょうげつ 部屋露天 (1)
タオル類も豊富!各種二枚ずつ用意されていました。
(ただアメニティーが2セットあったので、2名仕様だったのかもしれません☆)
脱衣籠の中にタオルが用意されていると、「他のはどこへ置こう?」と
ちょっと困ってしまうのですが、ちゃんとタオル用の棚がありました♪
海のしょうげつ 部屋露天 (2)
タオルとは別にバスローブの用意も♪
薄手のワッフル地のものでしたが、着心地もなかなか良かったです。
海のしょうげつ 部屋露天 (3)
アメニティーは男女別のものが各1セットずつ。
歯ブラシ、ヘアブラシ、シャワーキャップ&ヘアゴム、ボディータオル、コットン&綿棒などが
シンプルにまとまっています。男性用はシャワーキャップやコットンが入っていない
代わりにレーザーが入っていました。
海のしょうげつ 部屋露天 (4)
シャンプーやコンディショナー類は1セットのみ。
大好きな「THANN」のアロマティックウッドシリーズでした♪
海のしょうげつ 部屋露天 (5)
洗面所の奥にはシャワーブースが。独立したタイプになっているので
冬でも快適に使うことができそうです☆
海のしょうげつ 部屋露天 (7)
何となくカランもオシャレ?
高い位置に台があったので使いやすかったです。
海のしょうげつ 部屋露天 (8)
それではお風呂へ♪
お風呂へはこちらとテラスの二方向から出入りが可能。
テラス側には引き戸があるので、扉を閉めてしまえばお部屋から
目隠しをすることができます。家族や友人との旅行には便利ですね♪
ちなみにメゾネットは丸い陶器のお風呂、平屋は四角い石造りの
お風呂のようです。石造りのお風呂もいいな~・・・。
海のしょうげつ 部屋露天 (9)
お風呂にはきちんと「温泉分析表」も。
お湯は加水・加温ありの循環とのこと☆
でもきちんと表示しているところに、とても好感がもてました。
海のしょうげつ 部屋露天 (10)
お風呂のサイズは一人ならゆったり、二人くらいまでが適正人でしょうか。
浴槽内にはステップがあるので、海を眺めながら半身浴も可能です♪
ただ、一つだけ残念な点が!お風呂には虫除けのための蓋があるの
ですが、これがかなり重かった(泣)!女性が持ち運びするには少々
大変かもしれません。
海のしょうげつ 部屋露天 (11)
湯温は温めでゆっくりと長湯を楽しめました。正直に白状すると
お湯自体は全くクセがなく、「ちょっとパンチに欠けるな~。」と思っていた
のですが、塩化物強泉のため後からすごく汗をかきました。
温泉のパワーを実感!パンチが無いなんて言ってゴメンナサイ・・・。
海のしょうげつ 部屋露天 (12)
入浴目線での景色はこんな感じです。
日中は海、夜は星空がとってもキレイでした!
海のしょうげつ 部屋露天
次回は、大浴場編へ・・・。
19 : 59 | 海のしょうげつ(愛知県・知多半島) | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
海のしょうげつ~お部屋編②~
2008 / 04 / 24 ( Thu )
お部屋編、後編は二階部分のご紹介です!
いきなり階段の写真で恐縮ですが、この階段も高低さがあまりなく
昇り降りしやすかったです。
海のしょうげつ2 (1)
階段を昇ってまず見えてくるのはベットルーム。
一段高い位置にベットがあるので、ちょっと腰掛けたりするのに便利
でした。マットはシーリー社のもので、寝心地も良好♪
海のしょうげつ2 (2)
吹き抜けに面した部分はガラス張りになっていて、お部屋をより広く
見せるのに一役かっています。
海のしょうげつ2 (3)
しかも天窓(?)からは海が!実はベットに寝転がりながら海を
眺めることができるんです~!!
海のしょうげつ2 (4)
ベットサイドにはオシャレな電話とCDプレイヤーが☆
二枚のCDは予めお部屋に置いてありました。もちろんライブラリーの
ものを借りてきて、こちらで楽しむことも可能です♪
海のしょうげつ2 (5)
今度は反対側から撮影!ちゃんと出入りができるベランダもあります。
これもお部屋を広く見せているポイントですね♪
海のしょうげつ2 (6)
ベランダからの景色です。左に目をやれば中庭が、右側には自家菜園を
眺めることができます。海とはまた違った景色を見ることができて新鮮!
海のしょうげつ2 (7)

海のしょうげつ2 (8)
TVもあって快適です♪
海のしょうげつ2 (9)
奥にはトイレとドレッサーなどがあるのですが、途中に踊り場(?)のような
スペースがあり、階下を眺めることができます。こんなに凝った造りの
メゾネットのお部屋は初めてかも!と、何だか嬉しくなってしまいました♪
海のしょうげつ2 (10)
奥にあるドレッサー。ちなみに隣にあるのはクローゼットです。
二階にもこんなスペースがあると、さっと身支度ができて良いですね♪
ただちょっと暗いので、照明があればさらに嬉しいかも!?
海のしょうげつ2 (11)
ちなみに二階にもトイレがあります。
メゾの場合、上階と下階にそれぞれトイレがあるのほ本当に便利!
普段はトイレまでは掲載しないのですが、あんまり素敵な(?)トイレ
だったので掲載しちゃいます☆
・・・ってこれだけでは何が素敵か分からないですね(汗)。
海のしょうげつ2 (12)
何が素敵かと言うと、この景色!トイレからも海が一望できるのです♪
ちなみにこのブラインドと窓は開閉できませんのでご心配なく☆
以上でお部屋のご紹介は終了です。とても使い勝手の良いお部屋で
ほとんど不便さを感じませんでした。これで二階にも冷蔵庫があれば
個人的には文句ナシのお部屋です♪♪
海のしょうげつ2
次回は、部屋露天編へ・・・。
17 : 00 | 海のしょうげつ(愛知県・知多半島) | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム | 次ページ